発達障害の子ども達の自立を目指す支援・サポートが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-05-01

自閉症スペクトラム(ASD)の代表的な症状は、
対人関係の障害、コミュニケーション能力の障害、
想像力の障害の3つが主に見られます。
ASDの中には知的障害のある自閉症の人もいれば、
知的な遅れはないアスペルガー症候群の人もいます。

この3つの障害があることで、幼児期から非常に生き辛さを
感じていることが多く、自分に劣等感を抱き続け、
二次障害を患ってしまうことも少なくありません。

発達障害の子ども達を二次障害から守り、
安心して社会の中で生きていけるようにするには
何よりも早期の気付きと理解、支援が必要になります。
子どものうちにきちんと療育を受けておくことで、
発達障害による症状は軽減し、自分の特性との上手な付き合い方も
しっかりと身につけていくことができます。

発達障害のある子ども達にとっては
将来的に自立できることが目標なので、
5年後、10年後の姿を見据えながら
1つずつ確実に課題をクリアして力をつけていくことが大切です。

私達の放課後等デイサービスでは、発達障害やその傾向がある子ども達に
運動療育や学習支援など様々な支援を行なっています。
教室で提供している運動療育プログラムは、
子ども達の成長発達を促すのに最適な内容で、
すでに全国の多くの自治体や教育委員会にも取り入れられています。

この運動療育プログラムを用いることができる教室を
フランチャイズで始めてみませんか。
興味をお持ちの方はぜひ、下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.