発達障害の子ども達の将来を見据えた療育支援・サポートが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-12-07

子どもに発達の遅れや気になることがあっても、
子どもが小さいうちは親や先生などがいつも身近にいて、
生活面や学習面などのサポート、指導があります。
しかし、大きくなるにつれて支援やサポートは
手薄になる傾向にあり、子どもが1人で行動する時間も増えます。

多くの場合は、社会人になれば自分で時間配分や
スケジュール管理、お金の管理をするなど、
全てを自分で考えて生活をすることになります。
しかし、大人になったからといってこうしたことが
急にできるようになるわけではありません。
子どものうちからの療育活動でスキルを身に付けておいたり、
それが難しい場合は自分の特性に合わせて対応する力を
身に付けておくことが必要です。

私たちの放課後等デイサービスの教室では、
子ども達の今の姿だけでなく5年後や10年後、その先の
将来を見据えながら療育支援を行なっています。
子ども達が将来社会の中でスムーズに、そして自立した生活が
送れるように1人1人に合わせた療育活動を大事にしています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.