発達障害の子ども達のストレスを減らし能力を伸ばしやすくする支援が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-03-29

子どもの発達をみた時に、運動能力、言葉、記憶力、
判断力、コミュニケーション能力などいろいろな部分で
発達の曲線がありますが、
定型発達の子ども達ではその発達の曲線を
それなりにたどりながら発達していきます。
発達障害の子ども達では、その子のペースでゆっくりと
発達をしていき、得意な部分と苦手な部分の差も
大きくなります。

発達のゆっくりな部分や苦手な部分の能力を
伸ばしてあげるためには様々な働きかけをしていくことが
大切ですが、まずそのためのベースとして
ストレスを減らして生きやすくしてあげる必要があります。

そのために私たちの放課後等デイサービスの教室では
運動あそびプログラムによる運動療育を提供しています。
ただ体を動かすのではなく、楽しく遊びながら
体を動かすことが子ども達の体・心・脳の発達を
総合的に促してくれます。

発達障害の子ども達の中には運動が苦手な子も
多くいますが、運動が苦手でも遊び感覚で楽しく
取り組めるように工夫されていて、
1人1人の発達段階に合わせられるようになっています。

私たちの放課後等デイサービスの教室は
全国にフランチャイズ展開をしています。
発達障害やその特性を持つ子ども達に療育を提供し
支援・サポートをする放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで始めてみませんか。
教室の運営に興味をお持ちの方は、
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.