発達障害の子ども達のできない理由、嫌がる理由を見極めることが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-11-24

発達障害の子ども達の中には、お風呂に入ることやシャンプーすることを
嫌がるというケースがよくあります。
顔が濡れることが嫌だったり、過去にシャンプーが目に入って痛い思いを
した経験があったり、感覚過敏で体を触られたりシャワーの刺激が
痛いと感じていることもあります。

顔が濡れた時用に顔を拭くタオルをそばに置くようにしたり、
シャンプーハット、ゴーグルを活用する、シャワーを使わずに洗うなど、
その子がお風呂を嫌がる理由に沿って対応することが必要です。
理由がわかれば、それを事前に予防したり苦痛を和らげるための工夫を
いろいろと考えていくことができるので、まずは子どもの話を聞いたり
会話が難しければ子どもの様子をよく観察していくことが大切です。

もし感覚過敏が理由の場合、簡単に治すことはできませんが
工夫次第で苦痛を軽減していくことは可能です。
子ども達がどうしたら生活しやすくなるかを考えながら対応していくことで、
最初は大変ですが、次第に適応力が身に付いたり症状が改善して
自分で対処できるようになっていくことが多いです。

私達もその支援・サポートを放課後等デイサービスの教室で行なっています。
できなかったことができるようになるために、将来の自立した生活のために、
安心した毎日を送ることができるように、
運動療育を主軸とした療育プログラムで、発達障害やその特性を持ち支援を
必要としている子ども達に療育活動を提供しています。

私達の教室は全国に展開していますので、放課後等デイサービスの
教室運営に興味をお持ちの方はぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.