発達障害の子ども達には適切な接し方をすることで行動の改善につながります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-07-26

ADHD、ASD(自閉症スペクトラム)など発達障害を持つ
子ども達には、叱るより褒めることが基本ですが、
時には注意をしたり、叱ったりしなければいけない場面もあります。

ADHDの子どもを叱る時は、頭ごなしに叱ったりすぐに従わせようと
焦ると反発を招いたり、悪い結果につながりやすいので
気をつけなければいけません。
大きな声で怒鳴らないこと、具体的にかつ簡潔に伝えること、
を意識して、叱るだけで終わらずそれ以上に褒めることを
大事にして接するようにします。

適切に対応することで、発達障害の子ども達の問題行動や
不適応行動といわれるようなものは、確実に減ります。
それは、本人の不安やストレスが減ることにもつながります。
子ども達が良い循環で成長・発達をしていくには、
周囲の理解と支援・サポートが欠かせません。

私達の放課後等デイサービスでも、発達障害やその特性があり
日常生活に困難を感じている子ども達が療育に通っています。
子どものうちに療育を受けることで、
困っている症状の改善や自分の特性との上手な付き合い方などを
早期に身に付けていくことができます。

このような放課後等デイサービスの教室を、
フランチャイズで始めてみませんか。
教室運営に興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.