発達障害の子ども達には発達度合いや興味に合った遊びが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-12-13

「遊ぶ」ということは子どもにとって非常に重要な行為です。
発達障害の有無に関わらず、子どもは遊びの中から
生きていくために必要なとても多くのことを学んで身に付けていきますが、
発達障害特性を持つ子ども達は、他の子ども達と遊び方や関わり方などに
違いがあるので、その子の発達段階や興味、特性に合わせて
遊びを考えていくことが大切です。

どんなに発達に良い遊びでも、子どもが興味を示さないことや
苦手なことは無理強いしてはいけません。
子どもが自信を持って遊びに取り組めるようにしながら、
「またやりたい」と思わせることがコツです。

周囲の関わり方で子どもの成長度合いが変わってくるので、
その子が持っている症状や特性について正しく理解し、
適切に支援・サポートをしていくことが必要です。

私達の放課後等デイサービスでは、運動療育を主軸とした療育活動の中で、
子ども達1人1人の能力を最大限に引き出し、
将来につなげていけるように支援をしています。
日々の療育活動によって子ども達は集中力や落ち着きを身につけ、
成功体験の積み重ねで自信を持って活動に取り組むことができてきます。

教室で提供している運動療育プログラムは、全国の多くの自治体や
教育委員会で取り入れられ、様々なメディアでも紹介されている
運動プログラムです。
現代の子ども達に不足している動作を多く取り入れて、身体面や精神面、
脳機能の発達を促していきます。

この運動プログラムを提供することができる放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで始めたい方は、ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.