発達障害の子ども達には生きやすさにつながる支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-10-31

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などは、
生まれ持った脳の機能異常から起こると考えられています。
なので、薬などの治療で治るものではなく、
長く付き合っていく特性ということになります。

中には診断されることに抵抗があるという方もいますが、
診断されることのメリットはやはりあります。
「自分の障害・特性を知ることで、生活上での様々な
困り事や問題に対処しやすくなる」ことです。
それが生活のしやすさ、つまり生きやすさにつながっていきます。

そのためには、療育によって力をつけていくことが
必要で、周囲の支援サポートもとても大切です。
私たちの放課後等デイサービスの教室では、
1人1人のお子さんの将来の姿を見据えながら
ニーズに合わせた療育支援を提供していきます。
子ども達が5年後10年後、社会の中で安心して
生活が送れるように、丁寧に支援を行なっています。

継続的な療育が大切なので、教室は子ども達が
安心できる居場所であることが大事です。
なので、子ども達の気持ちに寄り添い、
通いたいと思ってもらえるような教室作りにも力を入れています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.