発達障害の子ども達には暗黙のルールの理解は難しく具体的な指導が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-03-23

定型発達の子ども達にとっては「当たり前」のことも、
発達障害を持つ子ども達にとっては当たり前ではなく
意識して見に付けられるようにしていかなければ身につかないことが
世の中にはたくさんあります。

例えば、いわゆる「暗黙のルール」です。
これがまったくわからない状態では、人とうまく付き合うことが
難しかったり、周囲の人から非常識だと思われてしまったりします。

多くの子ども達は敢えて教えられなくても自然に身に付けていくことが
できますが、発達障害のある子ども達には、丁寧に繰り返し
教えていかなければなかなか身につきません。
そして、内容も抽象的でなく具体的にわかりやすくすることが必要です。

こうした子ども達が社会生活の中で感じる不安やストレスは
年齢を重ねるごとに増していき、精神的にもとても重くなってくるので、
できるだけ早期に対応してあげる必要があります。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害やその特性を持っている
子ども達、障害によって困り事のある子ども達に療育支援を行なっています。
1人1人の持つ困り事が減り、生活がしやすくなるように
「脳機能を向上させる」独自の運動療育プログラムを用いて、
個々に合わせた療育活動を提供しています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
子ども達を支援・サポートする放課後等デイサービスの教室運営に
興味をお持ちの方はぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.