発達障害では早期の療育支援で症状の軽減と改善を目指すことが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-09-14

発達障害の人の中には自己肯定感が低く、何事もマイナスの方向に
考えて受け取ってしまうという人が多くいます。
日常の中での些細な失敗でもひどく落ち込んだり、
過去の辛い経験や失敗体験の場面が、何度も鮮明に
フラッシュバックしてきて、その当時の辛い気持ちを
何度も思い出して辛くなってしまうこともあります。

どうしても小さい頃から苦手なことや失敗体験が
多くなってしまいがちな子ども達なので、
早期のケアと支援がとても大切になります。

また、完ぺき主義だったりこだわりの強さから、少しの失敗も
認められず、失敗しそうになるとかんしゃくを起こしてしまう、
という子もよくいますが、その場合も個々に応じた対処が必要です。

発達障害の子ども達の持っている特性や、困っている症状などは、
共通している部分はあるものの、本当に1人1人違います。
目に見えている行動は同じでも、その原因となっている背景は
違うこともあるので、よく見極めることがとても大切です。

症状の程度にもよりますが、子どもの頃から適切な支援を受けて
おくことで、将来の就職や自立した生活につなげることができます。
症状が消えることはありませんが、軽減していくことは可能です。

私達も放課後等デイサービスの教室で、発達障害特性を持つ子ども達を
運動療育や学習サポートなど様々な形で支援・サポートしています。
教室は、全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方はぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.