発達障害の子ども達には個々の特性に合わせた支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-01-29

発達障害にはASD(自閉症スペクトラム)、
ADHD(注意欠如/多動性障害)、
LD(学習障害)などがありますが、
これらは単独ではなくASDとADHD、ADHDとLDのように
複数を併せもつことがあります。
このような場合は生活上の困難の度合いは大きくなり、
対処の仕方も難しくなります。

そして、発達障害は病気ではなく発達上の特性と
捉えるべきものなので「治る」「治らない」ということではなく
どんな支援が必要かという視点が大切になります。
個々にどんな支援がいつまで必要かを考えながら
適切にサポートしてあげる必要があります。
中には生涯に渡って支援を必要とする人もいれば、
大人になる頃には特性が和らぎ支援がなくても
自立した社会生活を送れるようになるという人もいます。

まずはその子の特性を身近な人が理解し、
適切な対応をしてあげることが大事です。
そして二次障害のリスクを下げながら、その子の良い面を
伸ばし、持っている力を引き出し、
将来的な自立に向けた力を育てていく療育支援が必要です。

私たちは放課後等デイサービスで発達障害やその特性を持つ
子ども達に療育活動を提供しています。
子ども達の感じている困難が減り、生活がしやすくなるように
1人1人に合わせた療育カリキュラムでサポートしています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.