発達障害の子ども達には個々に合った方法での支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-04-23

通常、子どもが何か苦手なことがある場合には、
できるようになるまで繰り返しやらせることが多いと思います。
定型発達の子ども達では、多くの場合それでできるようになるので
そのやり方でも良いかもしれません。

しかし、発達障害やその特性を持つ子ども達では
ただ繰り返すというやり方ではかえってうまくいかないことがあります。
こうした子ども達は、日頃から失敗経験の多くなりがちです。
そこにさらに何度も何度も失敗経験を積み重ねることで
どんどん自信を無くし、やる気をなくしていってしまいます。

発達障害特性を持つ子どもには、他の子と同じ方法ではなく
その子の特性に合った方法を見つけてあげることが大切です。
そうすることで失敗経験を減らしながら成功体験を増やし、
自信をつけながら少しずつステップアップしていくことができます。

私達の放課後等デイサービスの教室では、運動療育を主軸として
様々な療育活動を提供していますが、
いつも子ども達が楽しみながら自主的に参加できることを大事にし、
多くの成功体験によって自信や自己肯定感を高めながら
スキルアップが目指せるように支援しています。

また、教室で提供している運動療育プログラムは
全国の多くの自治体や教育委員会でも採用されているプログラムで、
子どもの心と体、そして脳の発達を効果的に促します。

この運動プログラムを用いた放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで始めてみませんか。
私達の教室は全国に展開していますので、教室運営に興味を
お持ちの方はぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.