発達障害の子ども達にとって夏休みは困難も多いことがありサポートが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-07-11

子ども達はもうすぐ夏休みが始まります。
1ヶ月近く学校や幼稚園などがない長期休暇なので、
普段できないことができたり特別なイベントを経験できる楽しみも
ありますが、生活リズムが乱れやすかったり、
毎日の生活を計画立てて進めなければいけないということも出てきます。

特に発達障害のある子どもにとっては、自由な時間が多いことで
何をして良いかわからない、活動の切り替えができない、
宿題を上手く進めることができないなど多くの困り事が生じやすく、
サポートが必要になります。
子どもの特性に合わせた適切な支援でスムーズに生活できるように促し、
生活リズムを整えたり、自信をつけさせてあげることが大切です。

放課後等デイサービスは長期休暇の間も通い療育を受けることが
できる施設です。
1人1人の得意な部分をしっかり伸ばしながら、
補いたい部分をスモールステップで確実に育て、
日々の生活を安心してスムーズに過ごせるようにサポートし、
将来的な自立に向けて支援をしていくことが必要です。

私たちの放課後等デイサービスの教室では、独自の運動プログラムを用いた、
運動あそびによる運動療育を主軸として療育活動を行なっています。
運動あそびで普段の生活ではなかなか使わない筋肉を刺激することで
脳に良い刺激を与えたり、基礎力を身につけることで日常生活での
動作を向上させたり、少人数での活動で社会性を高めることもできます。

また、私たちの運動療育プログラムは子ども1人1人の育てたい力に
合わせたアレンジが容易で、子どもが興味を持ちやすい工夫があるのも
特徴です。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.