発達障害の子ども達が安心して成長できる環境を整えることが重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-06-22

特別支援学級は、知的障害、身体障害、発達障害やその傾向がある
子ども達が通うクラスです。
学校によって支援の手厚さや配慮に大きな違いがあるので、
実際に通う前に見学をしておくのが良いようです。

子どもによって、支援学級に在籍するのか、普通学級に在籍しながら
特定の教科だけ支援学級に通う通級を利用するのかということや、
支援学級での課題や進め方が子どもの理解度と合っているか、
特性に合わせた対応がなされているかなど、
子どもが安心して通い、成長していける環境であるかをチェックすることも
大切になります。

そして、家庭や学校だけでなくそれ以外の場所での療育活動も
とても大切です。
私達は放課後等デイサービスの教室で、支援を必要としている
子ども達に療育活動を行なっています。

1人1人に合った療育によって子ども達は落ち着きを持ち
人の話がしっかり聞けるようになったり、
一定時間座っていられるようになったり、
困り事を改善しながら得意な分野の力を伸ばしていくことができます。

発達障害の子ども達で大きな問題になるのは、自己肯定感の低下などに
よる二次的な障害です。
こうした二次障害を防ぎながら、必要な能力を身につけていき
将来的な自立につなげていくことが大切です。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.