発達障害の子ども達が学校生活を安心して過ごせる環境作りが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-04-23

子ども達にとって学校は、1日の多くの時間を過ごす場所です。
そのため、学校生活がスムーズに過ごせるかどうかは
支援が必要な発達障害の子ども達にとっては
特に重要な問題です。
特別支援学校や特別支援学級、または通級で
個別性の高い授業を受けることがその子に適しているのか、
通常学級での合理的配慮があれば十分適応できるのかを
見極めることが大切です。

また、子ども達への合理的配慮は学習面だけでなく
友達との関わりや食事、排泄、学校行事などで
1人1人に合わせた配慮を小まめに考えていく必要があります。
本人が安心して学校生活を送りながら学習に取り組めるように
サポート体制を整えていくことが大切です。

そして家庭や学校だけでなく放課後等デイサービス等も
うまく利用し、社会生活において必要なスキルを
身につけたり、本人の持っている能力を伸ばしていくための
支援を受けることも将来のために重要なことになります。

私たちは放課後等デイサービスの教室で
発達障害や発達障害の特性を持つ子ども達、
その他障害を持ち困り事を抱えている子ども達に
療育を提供し、サポートを行なっています。
私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
子ども達を支援する放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで始めたい方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.