発達障害の子どもの好ましい行動を増やし成長を促す療育支援を行います。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-02-20

発達障害を持つ子ども達の「暴力」「他害」に
悩んでいる方は決して少なくないと思います。
発達障害特性によってできないことや不快なこと、
ストレスが多くなりがちで、
それを言葉にして伝えることもうまく出来なかったりで
もどかしい思いもあり、友達や家族に手をあげてしまう。
というケースは多いです。

もちろんストレスが多く辛い思いをしている彼らですが、
暴力は絶対にいけません。
一旦暴力を許してしまってそれが日常化してしまうと、
後からそれを修正するのはとても大変です。
最初の対応がとても大切です。
叱る時はあいまいな態度ではなく毅然とした態度で
短く明確な表現で伝えます。
表情や声のトーンもいつもと違う厳しいものに
する必要があります。

そして、手を出そうとしたのを我慢できた時には
しっかりと褒めてあげながら、
イライラした時の対処法を見つけるなど、
その子に合った対応をしていくことが大事です。
そうやって少しずつ良い方向へ導いていってあげる
必要があります。

発達障害の子ども達がストレスや困り事を減らし、
社会生活に必要なスキルを身に付けたり、
持っている能力を十分に伸ばしていくためには
周囲の理解と支援が欠かせません。
私たちも放課後等デイサービスの教室で療育を提供し、
子ども達の将来につながるようにサポートをしています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.