発達障害の子どもには放課後等デイサービスのフランチャイズ で早期の療育が必要です。

2015-11-27

ADHDの子どもは、長時間集中力が続かない、
最後まで課題をこなすことができないなどの問題があり、
学習面にも影響が出ることが多くあります。
ADHDが原因で生活面や学習面に支障が出ている場合は
早期の対応が必要になります。

学校などでは、少人数クラスで座席は1番前の席に座ると、
周りのお友達や教室の壁の飾りなどに気が散りにくいので良いです。
そして、1つのことを短時間だけ。これを何回も繰り返すのが効果的です。
できた!わかった!という成功体験を積み重ねること、
さらに、できたら褒めてあげることで、
自信がつき自己肯定感が育まれていきます。

また、ADHDではコミュニケーションの苦手さも目立ちます。
相手の気持ちを理解したり、空気を読むことが苦手なので、
一方的に過度にしゃべってしまったり、相手の話に耳を傾けられないなど、
会話が成り立ちません。
こうした症状も、私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズで療育を
受けることでどんどん改善されていきます。
成長するにつれて人間関係の問題はより大きく、治しにくくなるので、
早めによりよい療育を取り入れ改善させてあげたいものです。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.