発達障害では1人1人の発達段階や特性に合わせた個別支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-10-31

発達障害の子ども達は、得意なことと苦手なことの差が大きいこと、
そして他の子が当たり前にできていることがなかなかできなかったり、
できないこともたくさんあります。
しかし、他の子と比較したり、大声で叱ったり、無理にやらせたりしてはいけません。
その子の発達のペースに合わせて、理解できる方法で説明し、
いろいろな工夫をしながら根気良く丁寧に対応することが大切です。

発達障害による特性は様々で、いろいろな方法で試行錯誤しても
なかなかうまくいかないこともあります。
また、他の人からすると理解しがたいような行動も多々ありますが、
1つ1つには原因になっているものがあり、
それを踏まえて適切に対処してあげることで必ず改善につながります。

発達障害の子ども達の多くは、自分が困難に感じていることや
苦手・不快なことなど、自分のことを相手に伝えるのが難しい特徴があります。
周囲の人がよく観察して原因を見極めてあげることが
良い循環につながる一歩になるので、まずは子どもをよく見てあげることが大切です。

そして、保育園や幼稚園、学校での支援の他に、放課後等デイサービスでの
療育活動を組み合わせることも、症状改善や二次障害の予防、
特性理解につながり、とても大切なことになります。

私達は子ども達を支援する放課後等デイサービスの教室を
全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方はぜひ下記までご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.