発達障害では集団のルールや常識などを身につけるのが困難で支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-12-02

保育園や幼稚園に入園すると、それまでとは違い集団のルールを守って
生活したり、日々の習慣などを身に付けていくことが必要になります。
発達障害の診断を受けていたり、発達の遅れが気になる子ども達には
これがとても難しいので、理解しやすいように支援が必要です。

遊びなら興味を持ちやすいので、簡単な遊びからルールを覚えるようにしたり、
ルールを表や絵にして視覚的に理解できるようにするなど、
その子が一番受け入れやすいやり方でサポートしていきます。
そして、スムーズに身につけていけるように園での生活のルール、
遊びの手順などを家庭でも表などにして見ながら取り組み、
慣れてきたら少しずつ表を見なくてもできるようにしていきます。

こうして、丁寧に寄り添いながら療育支援をしていくことで
子ども達は少しずつ確実に力をつけていくことができ、
時間はかかりますが集団生活に馴染んでいくことができてきます。

人間関係での悩みやトラブルは年齢が上がるごとに増えてくることや、
次第に自分と周囲との違いを感じ始めて自信をなくし、
どんどん自己肯定感を下げてしまうのでできるだけ早期からの
療育支援の開始、個々に合わせた支援・サポートが大切になります。

私達の放課後等デイサービスでも、発達障害特性を持つ子ども達に
運動療育を主軸とした療育活動を提供しています。
運動あそびを通してルールを守ったり、友達に合わせるなどの社会性を
身につけたり、コミュニケーション能力や言葉の発達、
感情のコントロール力など様々な能力を身に付けていくことができます。

子ども達を支援する放課後等デイサービスの教室を、フランチャイズで
始めたい方はぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.