発達障害では認知特性のバランスが悪いことが多くサポートが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-01-18

私達が頭の中で情報を理解し、整理し、記憶し、表現する能力を
認知特性と言い、視覚優位や聴覚優位、言語優位などがあります。

これらの能力の得意・不得意は人によって違い、
かなりの個人差があります。
バランスよく全ての能力を持ち合わせている人もいれば、
1つの能力だけが極端に強く、他はすべて弱いという人もいます。

発達障害のある人では、視覚優位の場合が多く、
言語や聴覚による認知には極端に苦手さを示したりします。
その場合は周囲の理解と適切な対処が必要になります。

認知のズレは誤解を生んだり、トラブルの元にもなりますが、
その人の理解しやすい方法、インプット、アウトプットのしやすい
方法でコミュニケーションを取ることで関係がスムーズになります。

発達障害の子ども達を支援するための教材やグッズなどが
今はたくさん出てきていますが、周囲の人が工夫や配慮をしたり、
環境を整えてあげることがやはり大切なことです。

私達も放課後等デイサービスの教室で、発達障害やその特性を持つ
子ども達に療育を提供し、不安やストレス、生き辛さを
軽減できるようにサポートしています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.