発達障害では環境調整や個々に合わせた療育でできることが増えていきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-06-23

ADHDの子ども達は、物事を考えるよりも先に衝動的に
行動してしまうことが多く、自分でコントロールすることが
難しいので、周囲の支援や環境調整が必要になります。

衝動的な行動は、子どもが何かを見たり聞いたりしたことが
きっかけになることが多いので、
周囲に何か気がそれるような物がないようにしたり、
環境を整えることが必要です。

また、子どもに合わせた約束事などを作って
少しだけでもそれが守れたら褒めることで
徐々にできる範囲を伸ばし、できるようにしていくのも
効果的な方法です。

子どもに合わせた適切な支援をすることで
発達に遅れのある子ども達も着実にできることが増えていきます。
できることが増えると、自分に自信を持つことができ、
その後様々なことに挑戦する力になります。

私達も放課後等デイサービスの教室を開き、
発達障害やその傾向がある子ども達に療育を提供しています。
目先のことだけにとらわれず、将来の自立に向けて
生活に必要な能力を身につけていけるような
支援、サポートを行なっていく教室です。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方はぜひ下記までご連絡ください。
教室開所に向けて私達がサポートしていきます。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.