発達障害では早期発見と療育の開始が症状を改善する大きなポイントです。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-06-14

発達障害は先天性ですが、障害に気付くタイミングは
人それぞれ違います。
小さい頃に診断がついた人もいれば、
大人になってから何かのきっかけで診断につながった人もいます。

発達障害には根本的な治療法や予防法はまだなく、
生活に支障がない場合は必ずしも診断が必要というわけでは
ないかもしれませんが、
発達障害であれば何かしらの困難を感じていることが多いので、
二次障害に発展してしまう前に適切に対応していくことが
何よりも大切なことです。

発達障害に気付いた段階で療育を始めれば効果がありますが、
特に早期に療育を始めることが効果が上がりやすいので
早期発見と療育の開始がポイントになります。

私達の放課後等デイサービスでは、発達障害やその傾向がある子ども達に
療育活動を提供しています。
主軸は運動療育で、独自の運動プログラムを用いて、
子ども達の体だけでなく、脳の活性化や心の育ちも促しています。

運動といっても体育指導のようなものではなく、
運動が苦手な子でも自主的に取り組めるような
楽しい運動あそびで、遊んでいる感覚で能力アップを目指せます。

私達の放課後等デイサービスの教室は、
全国にフランチャイズ展開していますので、
子ども達の発達を促す教室を始めたいという方は
ぜひ、下記までご相談ください。
私達がしっかりサポートします。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.