発達障害では早期発見と支援で子どもの能力を伸ばしていくことが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-04-04

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)など
発達障害では早期発見がとても重要です。
できるだけ早い段階から、その子の症状や持っている特性に
合わせた支援を行なっていくことで、
安心してスムーズな生活を送ることができ、
持っている力を引き出したり伸ばしやすくなります。

しかし、発達障害の診断は専門家でも難しいくらい
複雑なものなので、よく観察しながらも安易なレッテル貼りなどは
決してしてはいけません。
元々子ども達の発達には個人差が大きく、1人1人違っています。
それを念頭におき、発達障害の有無に関わらず1人1人のニーズに
合った関わりができるようにすることが大切です。

そして、支援が必要なお子さんがいれば必要な支援を行ない、
将来の自立に向けたサポートをしていきます。
私達は放課後等デイサービスの教室を開き、発達障害の子ども達や
気になる子ども達に療育活動を提供しています。

教室では運動療育を主軸としていますが、用いている運動プログラムは
脳機能に直接アプローチし、機能を高めることができる
全国的にも有名なプログラムです。

これをその子の育てたい力に合わせて提供していくことで、
学力を高めたり、日常生活でのスキルアップや行動改善に
つなげていくことができます。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.