発達障害では早期の気付きと個々に合った療育支援が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2020-02-17

発達障害は目に見えにくい障害なので、
なかなか気づかないこともあります。
また、それぞれの特性もその程度も様々で、
中には目立たないタイプの特性もあります。
なので、小さい頃はわからなかったけれど、
年齢が上がるにつれて自分で考えてやらなければいけないことや
役割が増えてきたりする中で困りごとが多くなって気付いたり、
中には精神的に病んでしまって二次的に見つかるという
ケースもあります。

本人や家族はなんとなく違和感を感じていることも多いので、
できるだけ早い段階で支援の手につなげていけるようにし、
適切に支援サポートしていくことが必要です。
そして、自分に合ったやり方とペースで療育を受け、
長所を伸ばしながら苦手なところは補える方法を見つけ、
本人が生きやすくなるように支援をしていくことが大切です。

放課後等デイサービスは、発達障害の診断を受けていなくても
必要と認められれば通って療育を受けることが可能です。
早期に対処することで改善しやすく、
他の二次的な症状への進行も防ぐことができます。

私たちはこうした放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで全国展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.