発達障害では感情コントロールが苦手な子が多く、周囲の適切な支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-11-07

発達障害を持つ子ども達は、感情のコントロールが苦手な傾向があります。
例えば、楽しく遊んでくれるのは良いけれど、楽しくて興奮しすぎると、
暴れたり悪ふざけが度を越してしまうということがあります。

興奮しすぎた状態から調整するのはかなり難しく
本人にとってもつらいことが多いので、
そうなる前に大人が遊びの内容を調節したり、
クールダウンの方法を見つけておくなどの対策が必要です。

子どもの困った行動は、周囲の大人の適切な対処や工夫で防ぐことができます。
感情コントロールなどはすぐにはできるようになりませんが、
療育活動の中で少しずつ身に付けていくことも可能です。

私達の展開する放課後等デイサービスの教室では
運動あそびによる運動療育を主軸としていますが、
運動によって効果的に感情のコントロール力を身に付けることができます。
それだけでなく、判断力を高めたり、集中力をコントロールしたり、
物事に前向きに自信を持って取り組めるようになったり、様々な力が育ちます。
また、少人数での運動あそびなので無理なく社会性も身につけられます。

これらの力をつけていくことは、子ども達の生活がしやすくなることに
つながるので、1人1人に合った方法で支援をしています。

発達障害特性を持ち、暮らしにくさを抱えている子ども達を支援する
放課後等デイサービスの教室をフランチャイズで始めてみませんか。
教室の運営に興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.