発達障害では思春期の関わりもとても大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-08-18

発達障害の子ども達も成長し、やがて思春期を迎えます。
思春期は、人と自分との違いを意識する時期なので
自分は周囲の人と何か違うと違和感を感じ始めることが
多い時期ともいえます。

小さい頃からの関わりや支援も大切ですが、
この時期の子ども達には良き理解者が必要です。

友達の輪に入れなかったり、仲の良い友達ができない。
空気が読めないとか常識がないなどと言われてしまう。
いじめに対象になってしまう。
努力しているのに成績が上がらない。
学校行事が苦手。
身だしなみを整えるのが苦手で笑われてしまう。
忘れ物やうっかりミスが頻繁で迷惑をかけてしまう。

子ども達は日常生活や学習面、人間関係などあらゆる場面で
困難さを感じています。
子ども達が悩みを1人で抱え込まないように、
家庭や学校の先生との信頼関係を大切にしながら
支援していくことが必要です。

発達障害は、ASDと診断されていてもADHDの特性を
持ち合わせていたり、複数を併発していることが多いので
個々に合わせた支援が何よりも大切です。

私達の教室では運動療育や学習サポートなどを
子どもの特性や発達段階、興味などに合わせて提供し、
効果的に能力向上を目指しています。

子ども達が生活しやすくなるように支援する放課後等デイサービスの
教室を、あなたもフランチャイズで始めてみませんか。
教室の運営に興味をお持ちの方は、下記までご連絡ください。
教室開所に向けて私達がサポートいたします。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.