発達障害では優先順位をつけるのが苦手なことが多くサポートが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-11-08

ADHDなど発達障害の子ども達は、優先順位をつけて行動するのが苦手で、
やるべきことをやらずに好きなことばかりやってしまうことがあります。

家に帰ってきたらやることを順番にリストにしておいたり、
宿題をする時は集中できる配慮をする、
苦手なことや勉強をがんばった後にはおやつの時間にしたり、
好きなことをできる時間にするなどの工夫も大切です。
また、休憩時間も適度に入れて少しずつクリアできるようにすることも大切です。

発達障害特性は、自分で努力するだけでは克服するのは困難なので、
身近な理解者の支援とサポートが必要になります。
最初は手厚く支援しなければ自分でできないことも多くて大変なこともありますが、
適切に対処していくことで少しずつできることが増え、
自立を目指していくことができます。

子ども達もいずれは大人になり、自分の力で社会生活を送っていくことになります。
その時の困難を少しでも減らして暮らしやすくできるように、
子どものうちからの療育活動がとても重要です。

私達は放課後等デイサービスの教室を全国にフランチャイズ展開し、
ASD(自閉症スペクトラム)ADHD、LD(学習障害)といった発達障害や
その特性を持つ子ども達、ダウン症や知的障害などの障害を持つ子ども達に
個々に合わせた療育支援を行なっています。

支援を必要としている子ども達に支援が行き渡るように、
放課後等デイサービスのフランチャイズ教室を始めませんか。
教室運営に興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.