発達障害では個々の特性によって会話や雑談が苦手なことがあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-01-12

発達障害の子ども達は、人と会話をすることや雑談を交わすことが
極端に苦手ということがあります。
ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LDなどそれぞれの特性によって
その原因は違ってくるので、その子の原因に沿った対応で
丁寧に支援していくことが大切になります。

ワーキングメモリが弱くて会話が苦手な場合や、
耳からの情報収集が苦手、言葉の行間を読むのが苦手、
相槌の意味がわからなかったり、相手が話している途中でも
話したい衝動が抑えられなかったりと原因は様々です。

一朝一夕で身に付くものではないので、根気良く繰り返し練習し、
スキルの習得を目指していくことが大切です。

私達の放課後等デイサービスでは、運動療育を主軸とした療育活動を
提供し、運動能力だけでなく言葉の発達やコミュニケーション能力の発達、
社会性の発達なども積極的に促しています。
子ども達が成長して社会に出た時に困ることが減るように、
小さいうちからの適切な支援・サポートが大切です。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開し、発達障害やその特性を持つ
子ども達に療育活動を提供していますので、
放課後等デイサービスのフランチャイズでの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.