発達障害では二次障害を防ぐ早期の適切な対応が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-02-08

発達障害の子ども達は、物事の感じ方や捉え方が他の人と
違っているので、他の人達と同じやり方ではうまくいかないことが
とてもたくさんあります。

決してやる気がないわけでも怠けているわけでもないのに
どうしても理解できない、みんなと同じようにできなくて
本人も困り、戸惑っていることが多いのです。
これが続くと、他の人がみんな簡単にできていることが自分だけ
できないことで、自分はダメな人間だと思い込み悩み、
徐々にやる気も自信もなくしていってしまいます。

発達障害での大きな問題は、自信や自己肯定感の低下による
「二次障害」です。
二次障害を併発してしまうと、周囲も本人もとても辛いので
適切な対応で予防することが大切です。

私達は放課後等デイサービスの教室で発達障害やその特性を持つ
グレーゾーンの子ども達、その他障害を持つ子ども達に
療育を提供し、支援をしています。
障害特性を持ち、生き辛さを感じている子ども達が
少しでも早く暮らしやすくなるように、個々に合った療育支援を
提供しています。

支援を必要としている子ども達は年々増加しているとされ、
放課後等デイサービスのような支援を提供する施設は
まだまだ必要とされています。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスのフランチャイズでの教室運営に
興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.