発達障害での感覚過敏はかんしゃくやパニックの原因になり事前の対処が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-08-25

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、
常に不安やストレスの中で生活をしています。
そんな不安な気持ちや五感の過敏さから来る不快感は
私達には想像しがたいものがあります。

服の素材が痛くて着られなかったり、
シャワーが痛くて浴びられなかったり、
外出は耳栓がなければ困難だったりと
日常生活に様々な支障があり、
子どものうちはそれによってかんしゃくを起こすことがあります。

パニックやかんしゃくは本人にとってはとても辛い状態なので、
できるだけ起こさせない工夫が必要になります。

知識のない人から見ればただのわがままのように
見えてしまうことも多いのですが、
子どもにとっては耐え難い辛さなのに、
それを伝えることもできないのですから、
そのことを理解してくれる人が必要です。

私達の放課後等デイサービスでは、発達障害や発達障害特性を持つ
子ども達に療育活動を提供しています。
1人1人苦手なことやその対応も違うので、
原因をよく見極め、個々への対応を大切にしています。

適切に対応することで子ども達はどんどん成長してできることが増え、
理解力が高まってパニックやかんしゃくを起こすことも減ります。

子ども達が将来社会にでた時に感じる困難が少しでも減るように
支援していく教室を、フランチャイズで始めてみませんか。
教室運営に興味をお持ちの方は、下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.