発達障害からの二次障害を防ぐには早期の療育が効果的です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-07-12

発達障害があっても、一見そうとは見えないタイプの子や
グレーゾーンに近い子などが、二次障害に悩まされることは
少なくないといわれています。
二次障害には様々なものがあり、不登校やひきこもりから、
うつ病や不安障害、将来的にはアルコール依存など
命を危険にさらしてしまうようなものもあります。

このような二次障害を予防するためには、
早い段階からの適切な療育活動が大切です。
発達障害は先天性のため、乳児期でもいくつかの兆候が
出ていることがほとんどです。

人によって程度や症状が異なるので難しいですが、
これにできるだけ早く気付いてあげることが
発達障害による困った症状の改善や特性との上手な付き合い方
などを身につけるためには大切になります。

子ども達が大人になるまでに、生活への支障が減り、
社会の中で自立した生活ができるように、
家族を始めとした周囲の人が支援していくことが必要です。

私達も、放課後等デイサービスの教室を開き、
発達障害特性のある子ども達を様々な療育で支援しています。
その子に合った方法で療育を続けることで確実に症状は改善し、
問題行動やパニック、かんしゃくなども減り、
できることが増えていきます。
それは本人にとっても自信になり、どんどん成長を促すことができます。

このような放課後等デイサービスの教室を、
フランチャイズで始めてみませんか。
私達の教室は全国に展開していますので、教室運営に興味を
お持ちの方は、ぜひ一度下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.