療育も繰り返すことが大事なので自主性を高める工夫が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-06-19

算数の九九や漢字、歴史など多くの勉強は繰り返し
やることで覚えるものです。
他にも、生活の中での道具の使い方や料理の仕方、
自転車の乗り方など、たくさんのことを
私たちは記憶を使って行なっています。
そして多くのことは、最初は難しくても繰り返しているうちに
自動化されて、考えなくてもできるようになります。

繰り返すことでしっかりと定着し、
そこから様々なところに広がっていくので、
子ども達には身に付けて欲しいことを
繰り返し行なってもらうことが大事です。
しかし、それがただやらされているだけの活動で
楽しくなかったり苦痛だったりすると、
子どもはすぐにやらなくなってしまいます。

なので、大人が押し付けるのではなく
子どもがどうしたら自分からやりたくなるかを
考えたアプローチがとても重要になります。
そうすると、そこから子ども達の力をいろいろな方向に
どんどん伸ばしていってあげることができるので、
1人1人に合ったやり方を見つけることがまず大切です。

私たちはそんなことも大事にしながら、
放課後等デイサービスの教室で療育活動を行なっています。
発達のスピードが遅かったり、凹凸があったりしても
適切な方法でサポートしてあげれば必ず伸びる子ども達です。
将来的なところまでしっかりと考えた長期目線の療育で、
子ども達を良い方向に導いていきたいと思います。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.