療育で不安やストレスも減らせます。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2020-06-16

ASD(自閉症スペクトラム)の特性を持つ子ども達は、
その特性から様々な不安の中で過ごしています。
例えば、時間のような目に見えないものを
感覚としてとらえることが苦手なので、
「待つ」ことはとても苦手なことが多いです。

「ちょっと待って」と言われた時、「ちょっと」が
どのくらいなのかわからなくて、とても不安になります。
そして不安を解消するために早く行動に移したいので、
我慢できずにやってしまいます。
そこでもし制止されたりすると、パニックを起こして
しまうこともあります。

「ちょっと」ではなく「時計の針が5になるまで」
「〇〇が終わったら」など明確に伝える工夫が必要です。
また、少しずつ理解を深めていけるような働きかけや、
感情や行動をコントロールできるように
療育を受けることがとても大切です。

できることが増えたり、パニックを起こすことが減ると
本人や家族の負担、ストレスも大きく減らすことができます。

私たちは放課後等デイサービスの教室を展開し、
発達障害などで支援を必要としている子ども達に
療育活動を提供し、サポートしています。
教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.