療育では二次障害を予防することもとても重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-03-27

発達障害の人達では、うつ病など精神疾患を併発している人が
とても多くいます。
発達障害特性ゆえに、小さい頃からどうしても失敗経験が多く、
自信や自己肯定感が低くなりがちなことに加えて、
注意叱責を受けやすかったり、いじめやからかいなどに
あいやすかったりと、様々な後天的な要素から
二次障害を起こしやすくなってしまいます。

また、発達障害による特性でストレスを感じやすい人、
自律神経を崩しやすく体調不良になりやすい人など、
様々な生き辛さを抱えている人もとても多く、
スムーズな日常生活のためには
周囲の理解とその人に合った適切なサポートが欠かせません。

私たちの放課後等デイサービスでは、療育によって
子ども達が自分に自信を持って自己肯定感を高めながら、
それぞれのペースや分野で成長していけるように
導いていきます。
社会生活で必要なスキルを身につけながら、
その子の長所になる力を伸ばしてあげることで
それが将来に職業につながったり
生きる力になっていくので、1人1人のニーズに合った
療育活動、支援がとても重要です。

支援を必要としている子ども達が増えている今、
専門性のある放課後等デイサービスの教室の
需要が高まっています。
私たちの教室は、脳機能に注目した独自の運動プログラムを
主軸として療育を提供し、子ども達の総合的な発達を促しています。

教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.