環境が合えば力を伸ばすことができます。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2020-10-13

発達障害は先天性のものですが、
生まれてすぐにはわからず発達の過程でわかる障害です。
主にASD、ADHD、LDに分類されますが、
単独とは限らずこれらを併発していることも多くあります。

ただ、それぞれの障害の持つ特性によって
目立ち始める時期が異なるので、
就学前に気付きやすいASDと就学後に気付くことが多い
ADHDやLDでは診断時期が異なってくることが多いです。

どちらにしても、本格的な集団生活や学習が始まる
小学校入学後、こうした子ども達やその親御さんは
トラブルに悩まされることが増え、
そのタイミングで障害に気付くということは多くあります。

発達障害がある子ども達は個々に合った環境で学ぶことで、
力を伸ばしたり安心してスムーズに生活することができ、
それは二次障害を防ぐことにもつながります。
特別支援学級や通級制度の利用の他にも、
子ども達が支援を受けられる場所や機会はあります。

私たちは放課後等デイサービスの教室を
全国にフランチャイズ展開し、子ども達に療育を提供しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.