特別支援学校、学級が不足しています。放課後等デイサービスのフランチャイズでも支援を。

2016-05-26

発達障害児の数は増えているといわれていますが、
これは診断基準の変化などもあるので一概には言えないと思います。
ただ、支援を求めている子ども達の数は増えています。
特別支援学校に通えば、1人1人のペースに合わせた教育で、
手厚い支援をしてもらえるという理由から、
子どもを通わせたいと願う保護者の方も多くなりました。
しかし、特別支援学校や特別支援学級の数は足りていないのが現状です。
自閉症やADHDだと診断がつけば一刻も早く支援学校に通って、
療育を受けながら子どもの能力を伸ばしたいところですが、
その場所が足りていないのです。

これでは子ども達へのサポートを十分に行なうことができません。
私たちの教室は、放課後等デイサービスなので
学校の終わった放課後と夏休みなどの長期休暇に通うことができます。
そして送迎つきなので保護者の方の負担を減らすこともできます。

療育内容は独自の運動遊びプログラムを使った運動療育を主軸として、
学習サポートなども行なっています。
子ども達1人1人の特性や段階を見極めたサポートを心がけています。
運動プログラムは、楽しく体を動かすことで脳機能を向上させることが
実証されている素晴らしいプログラムです。
教室の数を増やし、発達障害に悩む子ども達への支援を広げていきたいと思います。
フランチャイズの教室を始めてみたい方はいつでもご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.