片付けられないなど発達障害特性による困り事は適切な療育支援で改善が目指せます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-11-09

発達障害の子ども達の中には、部屋の片付けが苦手で
身の回りの整理整頓が難しいことがあります。
学校など集団生活の場では人に迷惑をかけたり、
それを周囲から責められることで自信を無くしてしまうことがあります。

例え自分の部屋でも衛生的な問題や、物を無くしやすい、
転んで怪我をするなど様々な支障があるので、
集団生活の中や将来の自立した生活に向けて
できるだけ早いうちに片付けのスキルを身に付けておく必要があります。

片付ける手順をリストにしたり、写真やカードを使う、色別や用途別に分けるなど
何をどこにしまうのかわかるようにして行なったり、
思い切って物を減らすなどの工夫も必要です。
そして大切なことは、1つでもできたら褒め、少しずつステップアップを
していけるように周囲が支援していくことです。

やりやすい方法や声掛けのポイントなどは人によって違うので、
一人一人に合った方法での療育支援が必要になります。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害などで支援を必要としている
子ども達に様々なアプローチで療育活動を提供しています。
早期に適切な療育を受けることで、障害特性によって困っていたことが減り、
できることが増え、安心して自信を持って生活ができるようになります。
そしてそれは将来の自立にもつながっていくので、子どものうちからの
療育の開始がとても大事です。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.