ダウン症の症状も放課後等デイサービスのフランチャイズで軽減させてあげられます。

2015-11-15

ダウン症は染色体の異常によって起こり、
染色体異常疾患の中では一番多いものになります。

症状は、精神発達の遅れ、特有の顔立ち、多発奇形が見られるなどがあります。
染色体異常は卵子、精子が作られる過程で染色体がうまく分離されないことで
起こりますが、原因も治療法もまだわかっていません。

発生率は母親の年齢によって大きく変わってきます。
30歳ではおよそ1000人に1人ですが、35歳では300人に1人、
40歳では100人に1人くらいの確率で発生します。
ダウン症は生後すぐにわかることが多いので、その特徴をよく理解し、
サポートしていくことが大切です。
私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでも、
発達障害を抱える子どもたちをサポートしています。
発育発達の専門知識を持った職員たちと一緒に
子どもの生きる力を育み、子どもの育つ喜びを感じながら活動してみませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.