本人に一番適した療育を行なうことが早期改善の糸口です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-14

発達障害の症状は人によって様々であり、
困難やストレスを感じていることも違います。
そこで、療育を始めるときにはその子が今どんな状態か知ることが大切です。
何ができて、何ができないのか、
何が好きで何が苦手なのかなどのことを細かく知り、
周囲が理解していくことがまず重要なことになります。
それらのことがわかれば、どんな支援をすればいいのかわかってきます。
そして、苦手なことなどの傾向がわかれば未然に
問題行動やパニック状態になることを防ぐこともできます。

私たちは放課後等デイサービスで療育活動を行なっていますが、
子ども達それぞれに合った対応の仕方をしていくことで、
子ども達の混乱や問題行動は減っていきます。
その子の特徴を理解し、適切なサポートをするために
情報交換を密にし、日々の様子をしっかり観察しながら活動しています。

最初はまったく運動ができなかった子も、
いつの間にか体を動かすことが大好きになっています。
子ども達の笑顔が毎日溢れる素晴らしい教室作りを心がけ、
今後も活動していきたいと思っています。
あなたも、フランチャイズで子ども達のサポートを始めてみませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.