早期療育で発達障害での特性を良い方向に伸ばすことができます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-05-18

ADHDの子ども達が、スムーズな社会生活(勉強、対人関係、仕事、恋愛など)
を送っていくためには、早期療育で生きるための力を
できるだけ早い段階から身につけていくことが大切です。

ADHDの子どもの多くは、小さい頃から注意や叱責を受けているので
自己肯定感が低くなりがちです。
ADHDの特性である、様々なことに興味を持ち、
意欲的に取り組める力を良い方向に伸ばしていくためにも
適切な療育活動を早期に始めることが必要です。

私達の放課後等デイサービスの教室では、
ADHD、ASD(自閉症スペクトラム)、LD(学習障害)、ダウン症、
知的障害などの障害を持つ子ども達や
発達障害の傾向がある子ども達に療育活動を提供しています。

療育を受けることで言葉の発達や社会性の発達を促し、
集中力や判断力、思考力、想像力、切り替える力など
様々な力を効果的に身につけていくことができます。

子ども達が5年後10年後、社会に出て自立した生活を
送っていくことができるように先を見据えた支援をしています。
教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方は、下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.