早期療育で二次障害の予防や効果的に能力を伸ばすことができます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-04-25

療育は18歳以下の児童を対象にして行なわれるもので、
内容や形態も様々です。
また、発達障害を持つ子どもの場合は、障害者手帳を取得して
いなくても自治体から発行される受給者証があれば
児童発達支援による療育支援を受けることが可能です。

療育では個々の障害の程度や特性、発達段階などに合わせて
支援をしていきますが、発達障害を持つ子ども達の発達は
ゆっくり進んでいくことや、生まれつきの脳の特性による症状は
すぐに大きく改善できるものではありません。

その子に合った方法で丁寧にじっくり支援をしていくことで
少しずつ良い方向に向かっていくことが多いです。
もし苦手なことやできないことがそのままでも、
適切な療育によって得意なことでそれを補うことができたり、
自分なりの対処法を身に付けていくことができます。

早期の対応をすることで、子どもは心が安定した状態で成長していく
ことができるので二次障害を防いだり、
持っている能力を大きく伸ばしたりすることにもつながります。

私達は、発達障害など障害を持つ子ども達に療育を提供する
放課後等デイサービスの教室を全国にフランチャイズ展開しています。
子ども達の将来につながる支援をする教室を
ぜひフランチャイズで始めてみませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.