早期の療育支援で将来につながる生きる力をしっかり育てます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-06-18

子ども達の発達は、基本的には順を追って1つ1つ
階段を登るように進んでいきます。
その中で、その順番や時期はある程度決まっていて、
個人差はあるものの、そこに収まっているのが
定型発達の子ども達です。

発達障害があったり、いわゆる発達障害グレーゾーンの
子ども達は、この個人差の範疇を超えていて
発達のサポートが必要な子ども達です。

そして支援をする時に大事なことは、
例え同じ診断名だとしても
その子の発達の段階や持っている特性、
得意や苦手、興味の幅などは1人1人違うため、
その子に合ったやり方、関わり方が必要だということです。

まずは子ども達が生活しやすくなるように、
家庭、保育園や幼稚園、学校など
子どもが長時間生活をする場での支援、サポートと
放課後等デイサービス等での療育活動がとても大切です。

早い段階からその子に合った支援をし、
必要なスキルを身に付けられるようにサポートすることで
子どもの感じる困り感は減り、
将来的な自立に向けて少しずつでも確実に力を
つけていくことができます。

私たちはこうした放課後等デイサービスの教室を
全国にフランチャイズ展開しています。
支援が必要な子ども達をサポートする放課後等デイサービスの
教室を始めてみたい方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.