放課後等デイサービスは発達障害グレーゾーンでも通うことが可能です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-07-31

最近では発達障害についての認識が広がってきたことや
診断技術の向上など様々な要因から、発達障害と診断される人が
とても増えてきています。
しかし、発達障害と定型発達の境界線はとても曖昧で
ASD(自閉症スペクトラム)ADHD、LD(学習障害)などの発達障害は
単独ではなく複数を合併していることも多いので、
その診断は簡単ではありません。

最初の病院で出た診断名と次の病院で出た診断名が違ったり、
症状はあっても発達障害とまではいかないグレーゾーンで
様子を見るように言われただけだったり、
ということも少なくありません。

このグレーゾーンに当てはまる子ども達がとても多く、
必要な支援を受けられていないケースもたくさんあります。
そして、今のような夏休み中は家庭で過ごす時間が多くなるので
適切な対応をしなければ、困っている症状が悪化したり
子どもも親もイライラして疲れてしまいます。

放課後等デイサービスは、発達障害の診断がなくても必要と
認められれば、通って療育活動を受けることができる施設です。
診断の有無に関わらず、子どもが困り感を感じているのであれば
その子に合った療育を行ない、生きやすくなるように
導いてあげることが必要です。

私達は放課後等デイサービスの教室を全国に展開し、
運動療育を主軸とした療育活動で子ども達1人1人の困り事を
改善したり、スキルアップを目指して毎日の生活が送りやすくなる
ように、将来の自立につなげていけるように考えながら
支援・サポートを行なっています。

放課後等デイサービスの教室のフランチャイズに興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.