放課後等デイサービスのフランチャイズで発達障害児のパニックも減らせます。

2015-12-09

発達障害があると、突然奇声をあげたり走り回ったりすることがあります。
これはパニックを起こしている状態なので、無理にとめたりしてはいけません。

なぜすぐにパニックになるのかというと、
発達障害があると、常に言葉も文化もわからない外国にいるような状態で、
次に何をすべきなのか、まったくわかりません。
この不安が爆発してパニックに陥ってしまうのです。
つまり、他に表現する方法がわからないのです。
さらに、こだわりが強いことで、それができなかったときのストレスや
感覚が過敏なことから不快感を感じやすいなどのことも原因として考えられます。

もしパニックを起こしてしまったら落ち着くまで待ったり、
不安に感じているものを見極めて取り除いてあげましょう。
不安がなくなれば落ち着いてきます。

そして、こんな症状も脳機能を上げられれば減ってくるのです。
強いストレスを抱えている子供たちからストレスを減らして
少しでも快適に生活できるようにしてあげたいと思い、
私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズはどんどん増えています。

脳機能を確実に上げられる療育プログラムで、
子供たちの未来を明るいものにしてあげましょう。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.