支援の必要な子ども達は個々に合う学校や学級を見つけることが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-10-04

子どもに自閉症やアスペルガー症候群、ADHDなどの発達障害がある場合、
就学前に保護者が動き、どんな学校や学級に行くのかを相談していく必要があります。
国公立・私立小学校の通常学級、通級指導教室、
地域の小学校の特別支援学級、特別支援学校と選択肢がいくつもあります。
集団生活中心の教育なのか、子どもの発達をより丁寧に見ていきたいのか、
その子に一番合った教育の場を提供することが大切です。
就学の前年春から夏頃にかけて就学前相談があるので、
ぜひ早めに動いて、子どもに合った環境を探してほしいと思います。

それに加えて療育を受けることもとても大切です。
療育は発達障害によって起こる様々な症状を改善し、
集団に適応しやすくなったり、生活能力を向上させたり、何より本人の不安やストレスを減らします。

私たちの放課後等デイサービスでも子ども達に療育を提供し、
子ども達が5年後や10年後、社会にでて自立した生活ができるように支援をしています。
1人1人に合わせたカリキュラムで子ども達を支援する教室を
フランチャイズで始めてみたい方は、私たちにご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.