学習障害は不得意分野をゆっくり伸ばしてあげることが必要です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-06

学習障害(LD)は発達障害の一つで、次のような症状がよく見られます。

・文字、文章の意味を理解して読めない
・文字は読め、理解できるが書くことができない
・数の概念がわからず、規則性などの理解が困難
・日時や位置がわからない
・発音が曖昧だったり、言葉でうまく伝えることができない

これらの症状のうちどれかが当てはまるのが学習障害です。
苦手な分野以外のことは困難なくできるので、
なかなか気がついてもらえないこともあるようです。
しかし、本人の努力ではどうしようもないことなので、
周囲が早く気付き、症状に合ったサポートをしてあげることが必要です。

大事なことは、ゆっくり丁寧にその子に合った方法で教えることです。
読むことが苦手なら、文章を指で一字ずつなぞりながら読む練習をしますが、
いきなり長い文章では本人も嫌になってしまうので、短い文章から始めます。

私たちの放課後等デイサービスでは、学習サポートも行なっています。
専門知識を持ったスタッフが丁寧にサポートしていくので、
保護者の方にもとても信頼して預けていただいています。
発達障害の種類に関わらず、子どもに合った指導方法やカリキュラムで
療育を提供できるのが魅力の教室です。
フランチャイズ展開もしているので、興味のある方はぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.