学習障害では得意分野を伸ばしながら苦手分野を補っていきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-06-27

学習障害(LD)の中には、「話すこと」が極端に苦手という
特徴を持つ子ども達がいます。
文字の読み書きも人の話を聞いて理解することもできるのに、
自分が話すとなるとうまく言葉にすることが
できなくて会話が成り立たなくなってしまいます。

子どもが話しやすいように、興味のある話題を振って
つっかかっても最後まで話を遮らずに聞いてあげるようにして
話すことの上達を促したり、
場合によっては他の手段も模索しながら
1人1人に合った方法で支援していくことが大切です。

人とコミュニケーションをとることは、
社会生活をしていく上で欠かせないことなので、
自分の特性をよく理解し、自分なりの対処方法を
見つけておくことが大切なことです。

そのためには周囲の理解と支援が欠かせません。
私達も放課後等デイサービスで、発達障害やその傾向がある
子ども達に療育を提供し、能力を引きせるように支援しています。

療育活動の中では褒めることを基本としているので、
子ども達は様々な活動の中で自分に自信を持ちながら
安心して力を伸ばしていくことができます。

私達の放課後等デイサービスのフランチャイズ教室は
全国に展開しています。
教室運営に興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.