子ども達が社会で生きていく力を身に付けられる療育活動を提供します。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-03-18

人が社会の中で生きていくために必要なスキルを
ソーシャルスキルといい、多くの子ども達は
産まれてからの人との関わりや経験を通して
自然と身に付けていきます。

しかし、発達障害を持つ子ども達はスムーズに
力を身に付けていくことができず、
ソーシャルスキルを身につけるためのトレーニングが
必要になる場合があります。

例えば
・人とのコミュニケーションが苦手
・指示の理解や判断が苦手
・自分の行動をコントロールするのが苦手
・得意なことと不得意なことの差、偏りが大きい
・運動が苦手
・感情のコントロールが苦手
などの症状で日常生活に支障をきたしている場合は、
適切なアプローチによる支援が必要です。

私たちの放課後等デイサービスの教室では
発達障害やその特性を持つ子ども達に
運動療育を主軸とした療育活動を提供しています。
上記のような苦手さは運動あそびによって
効果的に改善、軽減していきやすいので、
1人1人に合わせたカリキュラムでサポートしていきます。

子ども達の生きやすい毎日や、将来的な自立につながる
療育活動を行う放課後等デイサービスの教室を
あなたも開いてみませんか。
私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.