困り事には早期対処が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2020-08-05

子どもの発達に違和感を感じたり
そこから発達障害を疑う時には、
同年齢の子達と比べてできないことが多かったり、
困り事が多いということからだと思います。

発達が遅い部分に関しては、個人差もあるので
年齢が低いうちほどそこまで気にしなくても
良いかもしれませんが、
困り事が多い場合は即生き辛さにつながってしまうので、
子どもが自信をなくしたり
二次障害を引き起こしてしまう前に対処しなければいけません。

どんな発達障害であっても、できるだけ早い段階での
療育の開始がスムーズな成長と二次障害の予防に
つながるので、診断を受けてからではなく
ぜひ早めに行動してほしいと思います。

私たちは発達障害や発達の遅れ・凹凸が気になるお子さんに
放課後等デイサービスで療育支援を行なっています。
子ども達の今の困り事だけでなく、
5年後10年後の姿も見ながら療育を行ないサポートしています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は、
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.