子どもが楽しく取り組める療育が最も効果的です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2020-03-05

育児をする中では、子どもに様々なことを
経験してほしいと思うのは当然です。
そのためにいろいろなところに連れていったりして、
新しいことに触れさせるという方も多いと思います。

ただ、発達障害を持つ子ども達にとっては
必ずしもそれが良い経験になるとは限りません。
新しい場所、人、こと、物、
いつもと違う音や匂いなどは
それだけで大きなストレスになってしまいやすく、
やり方によっては、ただ嫌な経験という形でしか
記憶に残らないこともあります。

子どもの特性に合わせた無理のない活動の中で
少しずつ興味の幅を広げたり、
できることを増やしたりしていけることが大事です。

療育活動を行う上では、子どもにとって
それがストレスでなく、興味を持って自主的に
楽しくできることがとても重要です。
どんなに良いとされる活動でも、
ただやらされているだけだったり、
それを苦痛に感じてしまっていれば効果が期待できません。
むしろ、ストレスによって問題行動が
増えてしまったりするリスクにもなります。
療育は、1人1人に合わせた内容であることが
最も重要です。

私たちの放課後等デイサービスの教室では、
運動療育を主軸とした療育活動の中で
子ども達一人ひとりが課題とする力を
確実に身に付けていけるようにサポートしています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.