児童発達支援事業、放課後等デイサービスのフランチャイズを始めてみませんか?

2016-02-05

放課後等デイサービスは、日中は特別支援学校などに通っている子どもが
放課後や、夏休みなどの長期休業中に利用できるサービスです。
最近では多くの株式会社なども参入していて、今後も注目の事業です。

発達障害を持つ子ども達は、通常の学童保育などではうまくなじめず、
放課後の時間の居場所や、すごし方について困っていることが多くあります。
そんな子ども達や保護者の方の悩みを減らすために放課後等デイサービスがあります。

そして、私達の放課後等デイサービスは、
子ども達をただ預かるだけの施設ではありません。
独自の運動プログラムを使った運動指導を主軸にして、
学習サポートなど様々な療育活動を提供しています。
適切な療育を行うことで、発達障害の症状は軽減していき、
日常生活の自立を促すことにつながります。

私達の運動プログラムでは、心と体の発達のために、
いろいろな工夫がされています。
これによって子ども達は楽しく、積極的に活動することができ、
脳の活性化も促され、集中力、抑制力、判断力などの力を上げることができます。
子ども達が安心して楽しく通える場所を増やすために、
ぜひ、放課後等デイサービスのフランチャイズを始めてみませんか?

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.